④催し

・2017年度第2回(修士論文)研究中間発表会

 20171111日(土)10:00~16:00  於:江古田校舎S-301教室

 [プログラム] (口頭発表20分+質疑応答10分)

横山八枝子「修士制作「うわまふた」に関する副論文について」   

方思龍「映像(二次元)と身体表現(三次元)の対話」         

王文強「中国黄梅劇に歌舞伎の義太夫狂言の手法を応用する可能性

~音楽と演者の相関性について~」    

行方太一「演劇を用いた教育によるコミュニケーション能力の向上について

(仮)」 

<昼食>                  

寺﨑ゆいこ「ダンサーと観客間の身体感覚の共感を呼ぶ作品と空間設定に

ついて」                       

鈴木紺菜「ダンス創作における舞台照明の身体、心理への影響とそのアプローチの実践研究()  

<本学研究員特別中間発表> 

笹山志帆「舞踊家邦正美のライフ・ヒストリー構築へ向けた調査研究」  

西国領君嘉「日本舞踊家初代吾妻徳穂の舞踊観―春藤会を中心に―」

<交流会>   

        西国領 君嘉 受入れ:丸茂 美

DSC04286.JPG

2017年度第1回(修士論文)研究中間発表会 

 2017922日(金)10:0015:00 於:軽井沢研修所第6講義室

 [プログラム] (口頭発表20分+質疑応答10)

方思龍「映像(二次元)と身体表現(三次元)の対話」

横山八枝子「修士制作「うわまふた」に関する副論文について」            

王文強「中国黄梅劇に歌舞伎の義太夫狂言の手法を応用する可能性

~音楽と演者の相関性について~」    

<昼食>                  

寺﨑ゆいこ「ダンサーと観客間の身体感覚の共感を呼ぶ作品と空間設定について」                        

行方太一「演劇を用いた教育によるコミュニケーション能力の向上について(仮)」                     

鈴木紺菜「ダンス創作における舞台照明の身体、心理への影響とそのアプローチの実践研究()  

                   

横山修士1
2017年度修士制作発表「うわまふた」

 2017829日(火)14:00/18:00 於:江古田校舎北棟中ホール







IMG_2659.jpgのサムネイル画像















横山中間発表.jpg

・2016年度修士制作(中間発表)「ダンス×映像ワークショップ」

 2017年128日(土)10:30~16:00  於:江古田校舎北棟小ホール







催し①.PNG

・2016年度第2回(修士論文)研究中間発表会

 20161112日(土)10:00~14:30  於:江古田校舎S-301教室

 [プログラム] (口頭発表20分+質疑応答10分)

 柏木純子「オペラ「蝶々夫人」の衣装からジャポニスムを解く

 張吉琳「スタニスラフスキー・システムにおける俳優と演出者の関係を探究する」

   原幹根「ゲームを舞台化する理由とその時代背景~ゲームの社会的意義」

     峰岸優衣「日本舞踊にみる「見立て」文化-"扇"による「見立て」を中心に

  上田薫「古典芸能にみる"かつら"の変容と不変性

  <交流会(昼食)>



催し②.PNG

・2016年度第1回(修士論文)研究中間発表会 

 2016915日(木)9:0015:30 於:軽井沢研修所第6講義室

 [プログラム] (口頭発表20分+質疑応答10分)

金起柱「俳優の初期教育における発声方法の研究-劇団四季の母音法中心に-

    張吉琳「スタニスラフスキーシステムにおける日本と中国の演出教育の比較研究」

峰岸優衣「日本舞踊にみる「見立て」の構造-"扇"による「見立て」を中心に

上田薫「古典芸能にみる"かつら"の変容-能楽・歌舞伎の文献を通して-

<昼食>

横山八枝子「ダンスと映像-ダンス作品における映像利用の可能性-」

 方思龍「映像(二次元)と身体表現(三次元)の対話

 王文強「中国伝統劇黄梅劇と歌舞伎の比較研究-アジア伝統劇の発展と考察-

 柏木純子「パリの〈kimono-オペラ『蝶々夫人』3枚の衣裳デッサンより

このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。