TOP > お知らせ > 第41回演劇資料展「日本初のオデット姫 貝谷八百子オリジナル・バレエ衣裳展」開催のお知らせ

kaitani_poster_A1_convert_20140916141948.jpg
第41回演劇資料展を下記の通り開催いたします。

第41回演劇資料展
「日本初のオデット姫 貝谷八百子オリジナル・バレエ衣裳展」

    本展で展示するバレエ衣裳は、日本バレエ界の功労者のひとり貝谷八百子(1921-1991)が実際に舞台で着用したオリジナル衣裳です。八百子は日本バレエの母エリアナ・パヴロバにバレエを師事、17歳で歌舞伎座にて華麗なるデビュー公演を飾り、大きな話題を呼びました。その後、東京バレエ団の結成に参加、その記念公演で『白鳥の湖』(1946)の主演を果たします。以降、長きにわたって、プリマバレリーナとして活躍するばかりでなく、振付家として新作『ポギーとベス』(1955)など話題作も発表し、バレエ界の発展に寄与してきました。本展はバレエ衣裳のほか、舞台写真や衣裳デザイン画も併せて展示します。生命の宿った舞台衣裳を身近に展観し、会期中特別企画を行うことによって、バレエにかけた八百子の情熱と努力、そして衣裳への工夫を顧みる機会といたします。ぜひご鑑賞ください。

    • 公演期間:2014年9月24日(水)~10月23日(木)

    • 会場:日本大学藝術資料館(江古田校舎・西棟3階)

    • 時間:午前9時30分~午後4時30分
    • ※土曜日は正午まで
    • ※休館日は日曜日、祝祭日、10月4日(本学創立記念日)

    • 主催:日本大学芸術学部藝術資料館 日本大学芸術学部演劇学科

    • お問い合わせ:日本大学藝術学部演劇学科 03-5995-8260


    〇関連の特別企画

      特別対談
      「貝谷八百子先生の思い出」
    • 10月8日(水) 14時00分~15時30分
    • 講師:山野博大氏(バレエ評論家)・大竹みか氏(貝谷バレエ団代表理事)
    • 場所:日本大学芸術学部江古田校舎北棟 第5実習室
    • 対象:本テーマに関心のある一般の方、学生

      特別講義
      「エリアナ・パヴロバと貝谷八百子」
    • 10月7日(火) 16時20分~17時50分
    • 講師:川島京子氏(早稲田大学文学部助教)
    • 場所:日本大学芸術学部江古田校舎東棟 E-301教室
    • 対象:舞踊学登録者、本テーマに関心のある学生
    • ※一般の方、他大学の学生は聴講いただけません。

    〇図書館内ミニ展示

      日本大学芸術学部図書館所蔵 貴重書
      レオン・バクスト『眠れる森の美女・図版集』(1922年、パリ・ブリュノフ社刊)
    • 展示開始:9月24日(水)
    • 場所:日本大学芸術学部江古田校舎西棟4階図書館内
    • 時間:図書館の開館時間に準ずる

    以上