2014年12月アーカイブ

小林師シンポジウムポスターA4_convert_20141224164339.jpg
下記の通りシンポジウムを開催いたします。

舞踊シンポジウム
「京劇×日本舞踊 -「白蛇伝」をめぐる身体表現の相違点と共通点-」

     このシンポジウムは「アジア舞踊文化圏構想における共通言語の発見」プロジェクトの一環として行うもので、当学部教授・小林直弥と中国戯曲学院教授・蘇東花を研究代表に、日本舞踊家の藤間恵都子師などを参画舞踊家に迎え、京劇の名作『白蛇伝』から第一場「遊湖」を日本舞踊化し上演いたします。さらに有識者をパネリストに迎え、今回の共同作業における過程報告やその成果を発表するほか、"アジア舞踊文化圏"という位置付けから連想される日中の舞踊表現の身体及びその表現における共通性を模索したいと考えております。
     どなたでもご参加いただけます。多くの方のご参加をお待ち致しております。

    • ■日時:2015年1月17日(土)午後1時00分~(開場は30分前)

    • ■入場無料(予約は必要ありません)

    • ■会場:日本大学芸術学部江古田校舎北棟内・小ホール

    • ■シンポジウムパネリスト:
    •  原一平  (日本大学芸術学部教授)
    •  藤間恵都子(日本舞踊家、日本大学芸術学部講師)
    •  蘇東花  (中国戯曲学院教授)
    •  范旅   (日本大学芸術学部教授)
    •  小林直弥 (日本大学芸術学部教授)

    • ■創作日本舞踊「白蛇伝 ~第一場・遊湖~」
    •  創舞・出演/藤間恵都子、藤間眞白、藤間もゆか、横室真弥

        • ■お問い合わせ:演劇学科 03-5995-8260(平日9:00~18:00)

        以上
演劇学科卒業生の富田健治さんが、第20回ニッセイ・バックステージ賞を受賞されました。
ニッセイ・バックステージ賞は、舞台芸術を裏から支え、優れた業績を挙げておられる舞台技術者=いわゆる「裏方さん」たちに光を当てその労苦を報いるために、公益財団法人ニッセイ文化振興財団によって平成7年に創設されました。

受賞内容は以下の通りです。

--------

富田健治  音響効果オペレーション
1965年東京演劇音響研究所に入所、演劇の音響効果の開拓者である秦和夫氏らに効果音の技術を学んだ。約半世紀に亘り音響効果オペレーションに従事し、数多くの舞台を支えてきた。また、効果音制作の後継者育成にも努めてきた。

参考URL http://www.nissaytheatre.or.jp/news/backstage/(日生劇場)
以上
表面+(1)_convert_20141119140133.jpg
下記演目を平成26年度卒業制作(日舞)として上演いたします。


平成26年度 卒業制作(日舞)
『Episode』

  • 創舞指導:花柳昌太朗

  • 公演期間:
    • 2014年
    • 12月19日(金)18:00開演
    • 12月20日(土)14:00開演

    • 会場:日本大学芸術学部江古田校舎・中ホール

    • 料金:無料 総合実習・舞台総合実習・卒業制作の鑑賞には入場予約が必要です。

    • 問い合わせ:日本大学芸術学部演劇学科 03-5995-8260(平日9:00-18:00)

    以上

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2014年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年11月です。

次のアーカイブは2015年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。