TOP > お知らせ > 平成30年度 科学研究費(基盤研究C)研究成果発表『創作舞踊詩作品展』(10/7)

kakennhi.PNG
  • 下記演目を創作舞踊作品展として上演いたします。

  • 平成30年度 科学研究費(基盤研究C)研究成果発表
  • 『創作舞踊詩作品展』

  • 主  催:小林直弥(日本大学藝術学部教授)所属:演劇学科
  •     ※ JSPS 科研費 JP25370182の助成を受けたものです。

  • 企画主旨
  • 研究課題:「アジア舞踊文化圏構想における共通言語の発見と創作舞踊発展のための基盤研究」において
  • 発見できた日本舞踊の特性とアジア圏の舞踊文化の共通性の中から、未だ確立された方法論がない創作舞踊領域
  • に注目し、新しい創作舞踊領域の提言として必要な要素を抜き出しながら、これまでの研究成果についての口頭発表
  • に加え、それら研究成果で得られたキーワードや内容を踏まえた作品上演をすることによって、日本の舞踊文化から
  • 構想した舞踊創造のあり方を提案します。

  • 我々の舞踊芸術は、肉体の運動による詩でなくてはならない。
  •                           (石井漠の言葉より)

  • 日本、アジア文化圏に共通する身体・拍子・呼吸、とりわけ日本の舞踊は、「舞」「踊」「振」、そして「間(ま)」を構成要素として保有します。
  • 日本舞踊の視点から、またダンスの視点から、創作舞踊の方法論とこれからの舞踊芸術を考える作品発表を中心にした企画公演です。

  • 【公演日時】
  •  平成30年10月7日(日) 14:00 開演

  • ※受付・客席開場は、開演の30分前を予定しております。
  • ※開演5分前までにお越しいただけない場合は、ご予約をキャンセル扱いとさせてい
  •  ただく場合がございます。予めご了承ください。
  • 【会場】
  • 日本大学藝術学部(江古田校舎)北棟・小ホール
  • (西武池袋線「江古田駅」北口より徒歩3分)

  • 【公演プログラム】
  • ・研究口頭発表
  •  「創作舞踊領域の方法」小林 直弥

  • ・学生作品からの具体例
  • 〔平成29年度日本大学藝術学部演劇学科・卒業制作(日舞)上演作品〕
  • 創作舞踊「阿修羅」
  • 作・創舞・出演 清 永 千 智
  •           石 井   桜
  •           伊 藤 咲 葵

  • ・創作舞踊の実践〔作・演出:小林直弥〕

  • ・創作舞踊詩「トワノウタ」
  •  創舞・出演 小岩井 杏 奈
  •          石 井  桜

  • ・創作舞踊詩「弥   勒」
  •  創舞・出演 伊 藤 咲 葵

  • ・創作舞踊詩「夏 椿−沙羅双樹−」
  •  創舞・出演 清 田 鮎 子

  • ・創作舞踊詩「月下美人」
  •  創舞・出演 小 野 ひとみ

  • 【スタッフ】
  •  照  明  大久保 惠 児
  •  音  響  高 橋 嘉 市
  •  舞台監督  八木橋 貴 之
  •  制  作  吉 田 宙 奈


  • 【料金】
  •  無料(全席自由)※要予約
  • ご予約はこちら。
  •  ご予約は9月7日開始予定です。

  • 【問い合わせ】
  • 日本大学藝術学部演劇学科(江古田校舎)
  • 〒176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1
  • ☎︎03-5995-8260(小林直弥)