TOP > お知らせ > 演劇学科学生の入構について

6月16日、日本大学および芸術学部より、6月29日(月)以降に江古田キャンパス内の施設 ・機材の借用を一部認める旨のメッセージが発表されました。
演劇学科として、この発表を否定するものではありません。
しかし、8学科の中でも演 劇学科がとりわけ「3密」を満たす学科であるのは、みなさんご存知のとおりです。  
感染拡大防止と学生の安全配慮には、慎重にも慎重を期した上で臨みたいと考えていま す。そこで、7月中旬をめどに演劇学科より施設入構および使用のガイドラインを策定し 、これに沿って学生の入構に対応いたします。 
現時点では、修士研究や卒業研究を控えた大学院生や学部4年生を対象に、ごく限られ た人数・時間での対面型指導を想定しています。
入構の際は事前に届け出た上、守衛所で 検温等のチェックを受けてから構内へ入ることになります。
残念ながら、実習室等を使用した対面型授業は 前期授業終了(8月1日)まで行えない ものと考えてください。
安全面への配慮と創造活動とのバランスを取りつつ、また、学生 間の不平等が起きることのないよう学科として対応していきますので、引き続きご理解下 さい。

※1 事前届出の方法や届け先は、追って案内します。 
※2 夏期休暇中の入構についても追って案内します。原則として、入構できるのは事前 に調整された授業の履修者のみとなります。

                                                         2020年6月16日 演劇学科