TOP > 公演情報アーカイブ

3B 宣伝 小.jpg 下記演目を平成30年度3年次総合実習ⅢB (洋舞) として上演いたします。
  • 平成30年度3年次総合実習ⅢB(洋舞)
  • 「Modern Dance Performance ~ロンド・カノン形式による創作~」

  • 創舞指導:松永雅彦

  • 【公演期間】
  • 2018年
  • 10月5日 (金) 15:00 (A) / 18:00 (B) 開演
  • 10月6日 (土) 13:00 (B) / 16:00 (A) 開演
  • ※本公演はA / Bグループに分かれての上演でございます。
  • ※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前です。
  • ※開演5分前までにお越しいただけない場合、キャンセル扱いとなることがございます。


  • 【会場】
  • 日本大学芸術学部 (江古田校舎) 北棟・中ホール

  • 【チケット】
  • 入場無料・要予約
  • ※本公演は、全席自由席です。
  • ご予約はこちら。
  • ※ご予約は2018年9月5日(水)12時から開始予定です。


  • 【お問い合わせ】
  • 日本大学芸術学部演劇学科 (江古田校舎)
  • 〒176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1
  • 03-5995-8260 (平日 10:00~18:00)


  • 以上
  • kakennhi.PNG
  • 下記演目を創作舞踊作品展として上演いたします。

  • 平成30年度 科学研究費(基盤研究C)研究成果発表
  • 『創作舞踊詩作品展』

  • 主  催:小林直弥(日本大学藝術学部教授)所属:演劇学科
  •     ※ JSPS 科研費 JP25370182の助成を受けたものです。

  • 企画主旨
  • 研究課題:「アジア舞踊文化圏構想における共通言語の発見と創作舞踊発展のための基盤研究」において
  • 発見できた日本舞踊の特性とアジア圏の舞踊文化の共通性の中から、未だ確立された方法論がない創作舞踊領域
  • に注目し、新しい創作舞踊領域の提言として必要な要素を抜き出しながら、これまでの研究成果についての口頭発表
  • に加え、それら研究成果で得られたキーワードや内容を踏まえた作品上演をすることによって、日本の舞踊文化から
  • 構想した舞踊創造のあり方を提案します。

  • 我々の舞踊芸術は、肉体の運動による詩でなくてはならない。
  •                           (石井漠の言葉より)

  • 日本、アジア文化圏に共通する身体・拍子・呼吸、とりわけ日本の舞踊は、「舞」「踊」「振」、そして「間(ま)」を構成要素として保有します。
  • 日本舞踊の視点から、またダンスの視点から、創作舞踊の方法論とこれからの舞踊芸術を考える作品発表を中心にした企画公演です。

  • 【公演日時】
  •  平成30年10月7日(日) 14:00 開演

  • ※受付・客席開場は、開演の30分前を予定しております。
  • ※開演5分前までにお越しいただけない場合は、ご予約をキャンセル扱いとさせてい
  •  ただく場合がございます。予めご了承ください。
  • 【会場】
  • 日本大学藝術学部(江古田校舎)北棟・小ホール
  • (西武池袋線「江古田駅」北口より徒歩3分)

  • 【公演プログラム】
  • ・研究口頭発表
  •  「創作舞踊領域の方法」小林 直弥

  • ・学生作品からの具体例
  • 〔平成29年度日本大学藝術学部演劇学科・卒業制作(日舞)上演作品〕
  • 創作舞踊「阿修羅」
  • 作・創舞・出演 清 永 千 智
  •           石 井   桜
  •           伊 藤 咲 葵

  • ・創作舞踊の実践〔作・演出:小林直弥〕

  • ・創作舞踊詩「トワノウタ」
  •  創舞・出演 小岩井 杏 奈
  •          石 井  桜

  • ・創作舞踊詩「弥   勒」
  •  創舞・出演 伊 藤 咲 葵

  • ・創作舞踊詩「夏 椿−沙羅双樹−」
  •  創舞・出演 清 田 鮎 子

  • ・創作舞踊詩「月下美人」
  •  創舞・出演 小 野 ひとみ

  • 【スタッフ】
  •  照  明  大久保 惠 児
  •  音  響  高 橋 嘉 市
  •  舞台監督  八木橋 貴 之
  •  制  作  吉 田 宙 奈


  • 【料金】
  •  無料(全席自由)※要予約
  • ご予約はこちら。
  •  ご予約は9月7日開始予定です。

  • 【問い合わせ】
  • 日本大学藝術学部演劇学科(江古田校舎)
  • 〒176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1
  • ☎︎03-5995-8260(小林直弥)
    koukotu.PNG
  • 下記演目を、池袋・東京芸術劇場シアターイーストにて上演いたします。


  • 平成30年度 演劇系大学共同製作vol.6「ecstasy 〜方円の恍惚〜」

  • 主催:日本大学芸術学部、中国・中央戯劇学院
  • 共催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)
  • 後援:東京演劇大学連盟(連盟HP)


  • 日本と中国。
  • 未踏の世界に挑む演劇系大学の共演。

  • 未生の疼き。
  • 僕たちはどんな未来を作ってしまおうとしているのか。
  • 白黒付けられない問題、抜け出せない情報網。
  • そして、現実と虚構の隙間に忍び込む恍惚・・・。
  • 方円の世界を舞台に、
  • 現代社会と予見される未来への危惧を問いかける。
  • 演劇でもない。ダンスでもない。
  • 身体表現の新章。
  • 未生の疼き。
  • 僕らは出会うことができるのか。
  • 答えを待つことが出来るのだろうか。


  • 【公演日時】
  • 2018年9月
  • 6日(木)19:00開演
  • 7日(金)14:00開演/19:00開演
  • 8日(土)12:00開演/17:00開演(アフタートークあり)
  • 9日(日)11:00開演/15:00開演

  • 【会場】
  • 池袋・東京芸術劇場シアターイースト
  • ※JR、東京メトロ、西武池袋線、東武東上線『池袋』駅より徒歩2分
  • ※本公演は日本大学芸術学部校舎内では行いません。ご注意ください。

  • 【出演】
  • 石塚咲妃、牛島青、岡田浩江、小畑水芙、上條利輝、清田鮎子、久礼悠介
  • 田中幸乃、松尾悠、安原眸美、楊煉、渡邉未有、中央戯劇学院の学生12名

  • 【主なスタッフ】
  • 身体表現創作:范旅、李雄輝、木佐貫邦子


  • 【チケット】
  • 一般2,500円/大学生2,000円/高校生以下500円
  • チケット発売日:7月20日(金)
  • ご予約はこちら。
  • ※複数の券種をお申込みの場合は、券種ごとにお申込みください。 

  • 【そのほかのチケット取り扱い】
  • ■東京芸術劇場ボックスオフィス
  •  0570-010-296(10:00〜19:00)
  •  東京芸術劇場ボックスオフィスHP

  • ■チケットぴあ
  •   0570-02-9999
  •   チケットぴあHP

  • ■公式HPがオープンしました8/3new!!
  • 演劇系大学共同制作vol.6公式HPはこちら。

  • 【問い合わせ】
  • 日本大学芸術学部演劇学科(江古田校舎)
  • 176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1
  • 03-5995-8260(平日10:00~18:00)



  • 以上
  • キャプチャ.JPG
  • 下記公演を平成30年度舞台芸術専攻修士制作発表として上演致します。

  • 平成30年度舞台芸術専攻修士制作発表(ダンス公演) 「きあすむ」


  • 【公演日時】
  • 2018年8月24日(金)25日(土)
  • 両日ともに 18:00 開演
  • 【会場】
  • 日本大学芸術学部江古田校舎 アートギャラリー・A&Dギャラリー
  • ご予約はこちら。
  • ※ご好評につき全席満席となりました。
  •   ご予約いただきありがとうございました。


  • 見る 見られる
  • 触れる 触れられる
  • 対になるものが絡み合い、共感が起こるとき
  • 互いの境界線が曖昧になってくる。

  • 演者 観客
  • それぞれが、大人になって忘れてしまった
  • 子供の頃の感覚を身体で思い出しながら
  • 互いに交わり合っていく。

  • 舞台芸術専攻2年 寺﨑ゆいこ


  • 振付・構成・演出・出演:寺﨑ゆいこ
  • 出演:足立佳野、杉山賢、髙宮梢、土生あかね、丸山輝、宮本悠加
  • 舞台監督:中塚ゆい
  • 照明:赤須加奈
  • 音響:野﨑爽
  • 制作:藤澤昌実
  • 音楽:松本真結子、鈴木智大
  • 指導:范旅、加藤みや子、大久保惠児
  • 宣伝美術:宮本悠加


  • 【問い合わせ】
  • 日本大学芸術学部演劇学科(江古田校舎)
  • 176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1
  • 03-5995-8260(平日10:00~18:00)

  • 以上
  • 平成30大学院.PNG
    下記演目を平成30年度舞台芸術専攻修士制作発表として上演いたします。


    平成30年度舞台芸術専攻修士制作発表(ダンス公演) 「Otosimono」
  • 未来のための過去なのか、過去のための未来なのか。

    • 【公演日時】
      • 2018年8月12日(日)
      • 14:00 / 17:00 開演
    • 【会場】
    • 日本大学芸術学部江古田校舎 北棟・中ホール
    • 入場無料(要予約)
    • ご予約はこちら。

    • 見え方を理解した身体と
    • 見せ方を追求した舞台照明が
    • つくりだす舞台空間とは
    • 舞台芸術専攻2年 鈴木紺菜

    • 振付・構成・演出:鈴木紺菜
    • 出演:中野未央、井澤來南、今井結女、清田鮎子、小林日香里、藤田真由、田中幸乃、
    •     中野真李、野瀬迪子
    • 舞台監督:中塚ゆい
    • 照明デザイナー:木村琴乃
    • 照明オペレーター:川守田梨佳
    • 音響:野﨑爽、行方太一
    • 制作:佐々木美帆
    • 制作補佐:藤澤昌実
    • 演出助手:寺﨑ゆいこ、渡邉未有
    • 指導:范旅、大久保惠児、加藤みや子
    • 宣伝美術:鈴木莉菜


    • 【問い合わせ】
    • 日本大学芸術学部演劇学科(江古田校舎)
      176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1
    • 03-5995-8260(平日10:00~18:00)

    以上
    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11