TOP > 学科情報アーカイブ

kaitani_poster_A1_convert_20140916141948.jpg
第41回演劇資料展を下記の通り開催いたします。

第41回演劇資料展
「日本初のオデット姫 貝谷八百子オリジナル・バレエ衣裳展」

    本展で展示するバレエ衣裳は、日本バレエ界の功労者のひとり貝谷八百子(1921-1991)が実際に舞台で着用したオリジナル衣裳です。八百子は日本バレエの母エリアナ・パヴロバにバレエを師事、17歳で歌舞伎座にて華麗なるデビュー公演を飾り、大きな話題を呼びました。その後、東京バレエ団の結成に参加、その記念公演で『白鳥の湖』(1946)の主演を果たします。以降、長きにわたって、プリマバレリーナとして活躍するばかりでなく、振付家として新作『ポギーとベス』(1955)など話題作も発表し、バレエ界の発展に寄与してきました。本展はバレエ衣裳のほか、舞台写真や衣裳デザイン画も併せて展示します。生命の宿った舞台衣裳を身近に展観し、会期中特別企画を行うことによって、バレエにかけた八百子の情熱と努力、そして衣裳への工夫を顧みる機会といたします。ぜひご鑑賞ください。

    • 公演期間:2014年9月24日(水)~10月23日(木)

    • 会場:日本大学藝術資料館(江古田校舎・西棟3階)

    • 時間:午前9時30分~午後4時30分
    • ※土曜日は正午まで
    • ※休館日は日曜日、祝祭日、10月4日(本学創立記念日)

    • 主催:日本大学芸術学部藝術資料館 日本大学芸術学部演劇学科

    • お問い合わせ:日本大学藝術学部演劇学科 03-5995-8260


    〇関連の特別企画

      特別対談
      「貝谷八百子先生の思い出」
    • 10月8日(水) 14時00分~15時30分
    • 講師:山野博大氏(バレエ評論家)・大竹みか氏(貝谷バレエ団代表理事)
    • 場所:日本大学芸術学部江古田校舎北棟 第5実習室
    • 対象:本テーマに関心のある一般の方、学生

      特別講義
      「エリアナ・パヴロバと貝谷八百子」
    • 10月7日(火) 16時20分~17時50分
    • 講師:川島京子氏(早稲田大学文学部助教)
    • 場所:日本大学芸術学部江古田校舎東棟 E-301教室
    • 対象:舞踊学登録者、本テーマに関心のある学生
    • ※一般の方、他大学の学生は聴講いただけません。

    〇図書館内ミニ展示

      日本大学芸術学部図書館所蔵 貴重書
      レオン・バクスト『眠れる森の美女・図版集』(1922年、パリ・ブリュノフ社刊)
    • 展示開始:9月24日(水)
    • 場所:日本大学芸術学部江古田校舎西棟4階図書館内
    • 時間:図書館の開館時間に準ずる

    以上
    練馬区歯科医師会で開催される医療管理講演会のための模擬患者(SP)を募集します。
    詳細は以下の通りです。

    • 日時:平成26年2月12日(水)20時00分~21時30分(集合 19:30)を予定
    • 場所:練馬区歯科医師会館3階大会議室(西武池袋線練馬駅下車 徒歩7分)
    • 内容:SPとして一般の歯科医師による医療面接に対応
    • 募集人数:若干名
    • 応募資格:原則としてSP経験のある在校生、卒業生
    • 締切:12月31日(火)
    • 備考:練習あり、謝礼金あり

    • 応募、問い合わせは演劇学科の加納 (kanou.tatsuya@nihon-u.ac.jp) まで。

      以上
    台風27号が接近しております。
    舞台総合実習VA『○△□』(10月25日~27日)の上演情報に関しては、学科HPを随時ご覧ください。



    上演について【10月25日更新】

    10月25日(金)18時開演のステージについて、予定通り実施いたします。
    10月26日(土)~27日(日)のステージについては実施に変更が出た場合、こちらにて公表して参ります。


    以上
    2013フランス舞台衣装画展チラシ表A4ジャスト_convert_20130910105059.jpg
    第40回演劇資料展を下記の通り開催いたします。

    第40回演劇資料展
    「ピオレ・コレクション-フランスの舞台衣裳画展 1920~1940」

      Piollet Collectionは、1920年代から1940年代にかけてのフランスの演劇やミュージックホールの装置・舞台衣裳画を集めたものです。70数名のアーチストの、約3000点を集めた、ヨーロッパで最も貴重な個人コレクションの一つです。
      この時代、パリはLes annèe folles<狂乱の時代>と呼ばれ、世界中から多くの芸術家が集って熱狂した夢の様な時代でした。そして劇場はジャンルを超えた芸術家の溜まり場であり、実験の場でもありました。
      この展覧会では、そのような当時のパリと劇場の賑わい、興奮を14のテーマに分けてご紹介します。コレクターであるSabine Gouin-Piollet氏と元フランス国立図書館演劇部門主任学芸員のCécile Coutin氏をお呼びして貴重なお話も伺います。

      • 公演期間:2013年9月25日(水)~10月18日(金)

      • 会場:日本大学藝術資料館(江古田校舎・西棟3階)

      • 時間:午前9時30分~午後4時30分
      • ※土曜日は正午まで/日曜祭日は休館
      • ※10月4日(金)は日本大学創立記念日のため休館

      • 主催:
      • 日本大学藝術学部藝術資料館 日本大学藝術学部演劇学科

      • お問い合わせ:日本大学藝術学部演劇学科 03-5995-8260


      展覧会に伴う講演のご案内

      • 9月26日(木) 18時30分~20時
      • 講師:Sabine Gouin-Piollet氏(Collection Piollet)

      • 9月28日(土) 18時30分~20時
      • 講師:Cécile Coutin氏(元フランス国立図書館演劇部門主任学芸員)

      • 場所:西棟3階 W303教室(両日共)

        以上
      歯学部で開催される研修会のための模擬患者(SP)を募集します。
      詳細は以下の通りです。

      • 日時:8月11日(日)10時30分~13時30分(集合 9:00)を予定
      • 場所:日本大学歯学部
      • 内容:SPとして一般の歯科医師約40名による医療面接に対応
      • 募集人数:若干名
      • 応募資格:原則としてSP経験のある在校生、卒業生
      • 締切:6月30日
      • 備考:練習あり、当日は昼食付、謝礼金あり

      • 応募、問い合わせは演劇学科の加納 (kanou.tatsuya@nihon-u.ac.jp) まで。

        以上
      1  2  3  4  5  6  7