TOP > 学科情報アーカイブ

練馬区歯科医師会で開催される医療管理講演会のための模擬患者(SP)を募集します。
詳細は以下の通りです。

  • 日時:平成26年2月12日(水)20時00分~21時30分(集合 19:30)を予定
  • 場所:練馬区歯科医師会館3階大会議室(西武池袋線練馬駅下車 徒歩7分)
  • 内容:SPとして一般の歯科医師による医療面接に対応
  • 募集人数:若干名
  • 応募資格:原則としてSP経験のある在校生、卒業生
  • 締切:12月31日(火)
  • 備考:練習あり、謝礼金あり

  • 応募、問い合わせは演劇学科の加納 (kanou.tatsuya@nihon-u.ac.jp) まで。

    以上
台風27号が接近しております。
舞台総合実習VA『○△□』(10月25日~27日)の上演情報に関しては、学科HPを随時ご覧ください。



上演について【10月25日更新】

10月25日(金)18時開演のステージについて、予定通り実施いたします。
10月26日(土)~27日(日)のステージについては実施に変更が出た場合、こちらにて公表して参ります。


以上
2013フランス舞台衣装画展チラシ表A4ジャスト_convert_20130910105059.jpg
第40回演劇資料展を下記の通り開催いたします。

第40回演劇資料展
「ピオレ・コレクション-フランスの舞台衣裳画展 1920~1940」

    Piollet Collectionは、1920年代から1940年代にかけてのフランスの演劇やミュージックホールの装置・舞台衣裳画を集めたものです。70数名のアーチストの、約3000点を集めた、ヨーロッパで最も貴重な個人コレクションの一つです。
    この時代、パリはLes annèe folles<狂乱の時代>と呼ばれ、世界中から多くの芸術家が集って熱狂した夢の様な時代でした。そして劇場はジャンルを超えた芸術家の溜まり場であり、実験の場でもありました。
    この展覧会では、そのような当時のパリと劇場の賑わい、興奮を14のテーマに分けてご紹介します。コレクターであるSabine Gouin-Piollet氏と元フランス国立図書館演劇部門主任学芸員のCécile Coutin氏をお呼びして貴重なお話も伺います。

    • 公演期間:2013年9月25日(水)~10月18日(金)

    • 会場:日本大学藝術資料館(江古田校舎・西棟3階)

    • 時間:午前9時30分~午後4時30分
    • ※土曜日は正午まで/日曜祭日は休館
    • ※10月4日(金)は日本大学創立記念日のため休館

    • 主催:
    • 日本大学藝術学部藝術資料館 日本大学藝術学部演劇学科

    • お問い合わせ:日本大学藝術学部演劇学科 03-5995-8260


    展覧会に伴う講演のご案内

    • 9月26日(木) 18時30分~20時
    • 講師:Sabine Gouin-Piollet氏(Collection Piollet)

    • 9月28日(土) 18時30分~20時
    • 講師:Cécile Coutin氏(元フランス国立図書館演劇部門主任学芸員)

    • 場所:西棟3階 W303教室(両日共)

      以上
    歯学部で開催される研修会のための模擬患者(SP)を募集します。
    詳細は以下の通りです。

    • 日時:8月11日(日)10時30分~13時30分(集合 9:00)を予定
    • 場所:日本大学歯学部
    • 内容:SPとして一般の歯科医師約40名による医療面接に対応
    • 募集人数:若干名
    • 応募資格:原則としてSP経験のある在校生、卒業生
    • 締切:6月30日
    • 備考:練習あり、当日は昼食付、謝礼金あり

    • 応募、問い合わせは演劇学科の加納 (kanou.tatsuya@nihon-u.ac.jp) まで。

      以上

    新助手より

    2013年4月 4日 11:19

    演劇学科ではこの春4人の新人を迎えました。
    本人によるコメントとともにご紹介します。



    阿部健一(助手)

    昨年、ちょっとした事情で両親と弟が家を離れ、二十二年間続いた家族五人での生活が終わりを迎えた。

    今は築五十年の一軒家に自分と母方の祖父という、おかしな二人で暮らしている。

    人 の時間を一切気にせず「今日は老人会だから晩飯はいらない」だとか、「輪投げ大会でくたびれた」だとかを毎朝毎夕報告してくる祖父の言葉を聞き流すことに 慣れるのにさほど時間はかからなかったが、ふと、自分は今演劇学科の一員として仕事をしているのだと我が身に思いを馳せると、本当に耳を傾けるべき言葉を 見失わないよう気を引き締めていかねば、と家で待つ祖父のことを少しだけ思った。

    劇作コース卒、阿部健一です。三年間よろしくお願いします。



    佐藤萌香(助手)

    今年3月に洋舞コースを卒業しました佐藤萌香です。

    今まで踊る事しかしてこなかった私ですが、誰からにも愛される助手を目指し、自分を磨いていこうと思っております。どうか皆様私を磨くご協力お願い致します。

    先輩方を見習い先生方、学生をサポート出来るよう努力しますので、皆様よろしくお願い致します。



    松尾愛(助手)

    本年度よりお世話になります、演出コースを卒業しました松尾愛です。

    4月の爽やかな風に吹かれながら、「演劇学科助手」として学校に通うことに毎朝ドキドキしています。

    通い慣れた校舎ですが、新たな気持ちをもって職務に励みたいと思います。


    山口みなみ(助手)

    昨年度照明コースを卒業致しました山口みなみと申します。長かったようで短かった学生生活を終え、今年度より演劇学科助手を務めさせて頂く事となりました。

    趣味は晩酌。社会人となり、益々ビールが美味しく感じる毎日です。

    学生時代とは違う環境で戸惑う事もありますが、自慢の笑顔と元気を活かし先生方や学生と共に楽しい3年間を過ごしていけたらと考えています。

    ご迷惑をおかけすることも多々あると思いますが、演劇学科の名に恥じぬよう精一杯頑張りますのでよろしくお願い致します。

    1  2  3  4  5  6  7  8